THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

ゾンビ映画が嫌いな僕がいまさら「カメラを止めるな」を見た。

今更ですよ今更


なんでまだ見てなかったかと言えば、まー言い訳させていただきますと、流行り始めたのは出張直前だし、タイムラインみるとみんな面白いって言ってるんだけど、そもそも僕はゾンビ映画もスプラッターも大嫌い。


昔、超絶美人の友達に「大泉洋の映画見に行こうよ」と誘われて友達二人と僕の三人で「アイアムアヒーロー」を見に行ってトラウマになったこともある。ゾンビ映画って言えよ!!!


それでまあそのうちNetflixにでたらみればいいやくらいに思っていたんだけど、樋口さんが「大丈夫。ゾンビが出てくるって言っても、『桐島部活やめるってよ』くらいの感じだから」というので、それなら見てみるか、と思い映画館へ



さあ見るか、と思ったらもう普通にゾンビ映画が始まる。でも大丈夫。これは作り物さ。ゾンビ映画を撮ってるという「てい」の作り物なのさ。


ところがどっこい、数分で終わるゾンビ映画のシーンよりも監督が怖い。
なにこの人、頭おかしいの?


ゾンビよりお前のほうがよっぽど怖いわ


そしてさらにゾンビ。おい。話が違うだろ。ゾンビはそんなに出てこないって聞いてたのに。ああ帰りたい。しかしなぜかトチ狂ってど真ん中の席にしたので帰れない。こんなことならプレミアムシートにしておくんだった・・・こんなに後悔したのは、映画「セル」を一人で観に行った時以来だ。


ところがどっこい、見てるうちにだんだんゾンビ映画そのものが面白くなってくる。
ゾンビが死ぬほど嫌いなおれがゾンビ映画を面白く感じてくる。


そのうちゾンビが出てくるだけで笑っちゃうようになる。ナニコレ。めちゃくちゃ楽しいんですけど。


つうかやっぱりゾンビより人間のほうが怖いわ。


そして怒涛の展開に。なるほど、こりゃー面白い。


人に言いたくなるわ。これは



というわけで カメラを止めるな
劇場で見たほうが面白さが数倍上です。
もうすぐ終わっちゃいそうなので、まだ見てない人はぜひ。


こんなに笑っちゃう映画なんて、久しぶりに見たなあ