THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

人手不足の定食屋はキューで解決せよ【漫画 教養としてのプログラミング講座】

原作者といいつつも、あまり役に立っていない原作者の吾輩ですが、満を持して、「漫画 教養としてのプログラミング講座」の第三話が公開されました。

cakes.mu


今回は漫画担当のタテノさんのアイデアが冴え渡り、「なるほどそういうことだったのか」と目からウロコの超展開に。


実際にはキューをただ使うだけでなく他の最適化手法との組み合わせでさらに効率的に。


というアイデアを、タテノさんだけで考えたあたりが凄いです。
これぞまさにプログラマーが最速の仕事術を知っている(あ、違う本だ)ことの証左。


まあプログラマーの方から見たら「え、当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、こういう当たり前がなかなか浸透せず、効率の悪いお店のオペレーションを見ているとどす黒い気持ちが湧いてきたりしませんか?僕はする。


以前、某宇都宮の餃子屋さんに並んだときは本当に殺意一歩手前くらいの感情がうごめいてきて、「なんなのこれ完全入れ替え制のメリットとは?」と本気で悩むほど。しかも外は激寒だったので呪詛の言葉を吐きながらも並ぶこと数時間。


うーむ。いざ入ると美味い店、って、けっこうあったりするんだよな。


というわけで漫画 教養としてのプログラミング講座、まだまだ続いていきます!


cakes.mu