THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

大切なことは全てAoEが教えてくれた

f:id:shi3z:20180726072530p:plain


ある朝、Surface Studioを起動すると、Windows Storeで見覚えのあるロゴを見つけた。


ま、マジか・・・


Age of Empire、通称AoE(あおえ)が21年の時を経て大復活を遂げるとは。生きていて良かった。


自宅にWindowsマシン置いといて良かった。
もうずっとAoE。ひとりでAoE。


大学生の頃夢中になって遊んだもんだ。
彼女と、友達と、友達の彼女と、時には同盟を組み、ときには敵対して、ゲームがもとで彼女と喧嘩したりした。


「あそこは肉をくれって言っただろ」


「私だって余裕なかったもん!」


せっまいアパートにWindowsマシンを二台か三台持ち込んで、筑波の友達と遊んだっけ。昨日のことのように思い出される。


大切なことは全てAoEが教えてくれた。
計画することの大切さ、畑でさぼってるおっさんを見つける大切さ、探索の大切さ、用心の重要さ、同盟の大切さ、裏切りの代償の大きさ、戦力の逐次投入の愚かさ、資源管理の大切さ。


あの時代にAoEを経験できたことは、その後、経営をするようになっても活かせていると思う。


AoEにはなんとなく「納得感」がある。
スタークラフトも似たようなゲームではあるが、納得感が少し足りない。
もちろんゲームである以上、AoEもかなり理不尽な部分は少なくないが、全体的にはイメージしやすいのだ。



そんな青春時代を過ごしたAoEは、幾度かのバージョンアップを繰り返した末、なにか違うゲームになってしまったあと、なくなってしまった。


しかしその超名作ゲームがまさかの大復活。


Making Age of Empires: Definitive Edition


嬉しい。
しかしロビーにいってもほとんど誰も居ないので、シングルプレイモードでリハビリすることにする。


f:id:shi3z:20180726072409p:plain


しかしすぐに勘を取り戻してしまった。
虚しい。