THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

「次世代の紙を作らなければならない」そう思ってenchantMOONを作った。その後

そもそも、なんで手書き端末を作ろうと思ったのか。
手書きが未だに残っているからだ。


こんなにキーボードは便利なのに、まだ手書きが残っている。
なぜなんだ。


しかも手書きは、キーボードで文字を打つよりも遥かに雄弁で、むしろクリエイティブな気さえする。
その秘密を解き明かすために、手書き端末を作ってみた。


enchantMOONと呼んだそれは、まさに手書きとプログラミングへの狂気の産物だった。


いろんなことがありながら、それを作り、売り、そして出会いがあった。
特に北野宏明さんとの出会いは衝撃的だった。彼は僕が手書きに拘っているのを見て、すぐさま「ディープラーニングをやりなさい」と言った。


enchantMOONを作ったとき、「それはいったい誰が使うのか」と問われた。
そのとき僕は「いつか人類が紙を捨てるだろうときの代わりのためだ」と答えた気がする。


しかし紙は捨てられず、僕は自分の執務室にホワイトボードを置いている。



僕の中では、画面はもっと薄くなり、紙とほとんど変わらないようになると思っている。が、現代科学は僕の期待通りに進歩してくれるわけでもない。相変わらず、有機ELは電力を食うし、バッテリーは重いし、量子コンピュータはまだポケットに入らない。


それから五年経った。


僕達は手書きを追求し続けた。
手書きには人類の英知が宿っていると信じたからだ。


その結果、僕達はまず、ヒトが手で書いた文字や記号を読取る試みをした。
enchnatMOONがなければディープラーニングに出会ってなかったし、手書きにここまでこだわりを持つこともなかったかもしれない。



それはとてもうまくいって、僕達の仕事になった。



https://www.mizuho-fg.co.jp/release/pdf/20180524release_jp.pdf



僕達は人類を野蛮な仕事から開放する。
これが人工知能に本当に求められることだ。人類にとって、本当に必要なことだ。


ここまで来れたのは、enchantMOONの夢を信じ、購入して下さったユーザーの皆様のおかげだ。
でもこれはゴールじゃない。


僕たちはもっと面白いことをする。