THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

【見なきゃ損】河森メカ! ドラゴン! 美少女! ×ゆるキャラ!? ひそねとまそたん

 きっと新境地、というのはこういうときにこそ相応しい言葉なんだろう。


 シン・ゴジラで実写映画の世界を広げてくれた樋口真嗣監督がついに初の「アニメ総監督」に挑む。


 たぶん一回、日本の実写映画の可能性は探り尽くしたということで、完全にイマジネーション先行の世界でどう想像力を広げていくか、そこに挑戦したいと思ったのではないだろうか。


 本作は異例づくし。劇場映画級の監督がシリーズ総監督をつとめ、メカデザに河森"マクロス"正治、岡田麿里(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)、キャラクターは原案に青木俊直(君の声をとどけたい)、デザインに伊藤嘉之(スペースダンディ)を揃え、まさしく今のアニメ界のトップレベルの才能が集められ、小林寛(キズナイーバー)が監督をつとめる。1話と2話に関しては試写会まで行われた。TVアニメとしては異例中の異例である。
 


 東京コミコンで発表されたヴィジュアルを見た時、「ドラゴンと自衛隊と美少女」というキーワードからイメージできるものを遥かに凌駕したゆるいキャラデザで「これはいったいどういうアニメになるんだろうか」とドキドキした。


f:id:shi3z:20180413063640p:plain


 試写会の案内をもらった時も、「いったいぜんたいどんなアニメになったんだろう」とドキドキしながら虎ノ門の試写室に入ると、想像を絶する世界が広がっていた。



 この言い方が合ってるのか難しいが、率直な感想をいえば「これぞ初期ガイナックス作品の現代形」であり、極端にSFに振ってた初期ガイナックス作品群(DAICON〜エヴァンゲリオンで)に比べると、平成ガメラシリーズ的なファンタジー要素、パトレイバー的な青春群像劇も加わっていて結果として「誰もみたことがないアニメ」に仕上がっている。


 誤解を恐れずにいえば、かなり強力なおっさんホイホイであり、河森メカ、航空自衛隊、パトレイバー、ガメラ、ナディア、学研ムーが好きな人は絶対見たほうがいい。パッと見はビジュアルがゆる過ぎて驚くのだが、それを乗り越える物語の強さと設定の魅力がある。


 逆言うと、そういう元体験がない若い人がこのアニメをどう思うのかは正直わからないが、見れば楽しいことは間違いない。


 とにかくまそたんが可愛いんだよ。見てるとだんだんまそたんが樋口監督のように見えてくるから不思議である。本人は意識していないのかもしれないが、スタッフはまそたんは樋口監督だ、と思いながら作ってるんじゃないだろうか。それくらい、「ザ・樋口真嗣」という感じの作品に仕上がっている。神は細部に宿るってそういうことだよなあ。きっとクライマックスはヤシオリ作戦もかくや、という展開で盛り上げてくれるに違いない。予算と現実、という制約をとりはらい、イマジネーションの翼を思いっきり広げて飛翔する樋口総監督の思い描くクライマックスは、きっと我々の想像を遥かに超えたものに違いない、と嫌が応にも期待が高まらざるをえないのである。そのクライマックスで感動するために今はとりあえず見ておけ、ということでもある。




 昨夜は第一話が放映され、Netflixは今日から視聴できる。
 試写では第二話まで見ることができたのだが、当然のように一話より二話のほうが盛り上がる。


 この作品の設定で秀逸だなと思ったのは、龍に美少女を捧げるという古来からの伝承に意味をきちんと与えていること。このへんほんと流石だなと思う。


 第二話でようやく物語が本格的に動き始める、という感じなのだが、既に公式ページにはメインキャラ(モンスター)の「まそたん」以外にも爆撃機っぽいのや早期警戒機っぽいのも紹介されていて、彼らがいつどんなふうに登場するのか楽しみでもある。


 しかしいつミサイルが飛んでくるかわからないこのご時世に航空自衛隊で、しかも「日本を古来から守り抜いてきた守護神」としてのドラゴンである。やはり将軍様のミサイルと戦ったりするのか、いやさすがにそれはないだろうな。MM9 destruction的な展開かな それはそれで見たい、とかとか、いろいろ妄想が膨らみすぎる。


 東京MXと毎日放送と岐阜放送とBSフジとNetflixという変則的な放送だけど、一見の価値あり
 完全に放映日を4/14と勘違いしていて出遅れたけど、第二話からでもぜんぜん追いつけるからオススメです。


TVアニメ『ひそねとまそたん』公式サイト
 


TVアニメ『ひそねとまそたん』【HD】4月12日放送