THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

世界よ、これが肉飯だ。 めくるめくシミーブリアンの世界

なんかサポートからひと言も返事がこないけど広告は消せるようになった。
会社の態度としてどうなんだ。


まとりあず昨夜はシミーブリアンと題して肉と酒の祭典を執り行った。粛々と。
場所は格之進Nuef。


なぜシミーブリアンなのかというと
SATOブリアンに予約しようとしたら一時間で200回くらいコールした(本人談)けどつながらなくて泣きそう、とyunyaが言うので「だったらおれが本当のブリアンを見せてやりますよ。一週間後に六本木に来てください」ということで企画した。ちなみに当日yunyaは来なかった。


シャートー・ブリアン、サトーブリアン、そしてシミーブリアン。
ブリアン界の頂点を目指し、今飛び立つ!



f:id:shi3z:20180410090931j:plain


牛ヒレ肉のカツサンド。
本来、ステーキにするクラスの肉でカツサンド。
非常識である。


しかしすべての常識を疑うのがシミーブリアン。

f:id:shi3z:20180410090900j:plain
f:id:shi3z:20180410074858j:plain
ローストビーフ
格之進が世界で初めて実用化した牛の旨味エキスを凝縮した牛醤をかけて食うと旨味爆発

犯罪的な気分にさえなる

f:id:shi3z:20180410090831j:plain

そして衝撃のラスト「ウニと肉の卵かけご飯」

って卵がいくらやんけ!
ちなみにコメは新潟が誇るバイオテクノロジー米の新之助。うまくないわけがない。



新之助はマジでコメだけでも美味い。
そこに岩手の熟成肉、そしてウニ、イクラが組合さり、この世のものとも思えない完成度へ。
小樽以来の「食べるそばから記憶喪失になる」一皿。


すべての食材が主役級。
ある人は「食のアベンジャーズ」とこれを呼ぶ。


世界よ、これがドンブリだ


重要なのは、この日のコースがソフトドリンク飲み放題つきで8000円ということだ。
学生でも気合で払える価格でシミーブリアン。これですよ。高ければ意味がない。
最近特に思うのは、値段を下げるのも一つの芸術だということ。ここには並々ならぬ努力と工夫があるのですよ




大変おいしゅうございました。
千葉ちゃんありがとね

格之進F

食べログ格之進F

  • ジャンル:ステーキ
  • 住所: 港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー B1F
  • このお店を含むブログを見る |
  • (写真提供:あやかわれいれい)
  • をぐるなびで見る |