THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

やはり日本が最高な件

帰国した。


帰国すると家政婦さんが僕と入れ替わりにお掃除してくれた綺麗な部屋がお出迎え。

やはり家政婦サービスはいい。


ネットがつながる。

GB級のファイルをダウンロードしたりアップロードしたりする。


やはり日本最高。


飛行機の中では映画をみたりしたけど、結局Kindle本に頼る。

Kindle Unlimitedで読めるPenのカレー特集はしびれた


http://amzn.to/2wztw8L


しかし機内食があいわからず微妙。

不味くはないけど・・・なんか違う。


「海老の日本風カレーライス」というのを頼んだが、海老がゴロゴロ入っていてカレーになってない。


Penのカレー特集では、神保町ボンディや上野デリーなど安定の名店が頭で紹介されていて安心感がある。やはり王道があるから邪道があるのだよな。


そういえば機内映画でバクマンを見た。

なんか、コレジャナイ感じがしたけどなぜなのかわからなかった。ペンで絵を描いて殴り合うシーンかな。表現としてはすごいし合ってる気がしたけど。オレが見たかったのはこれだっけ?


バクマンは、原作からしてヒロインの小豆がなに考えてるのかわかんなすぎて普通に怖いんだよな

まあでも映画としてはよくまとまっていた。


ジャンプのヒロインには基本的にあまり人間性を感じない。

ヒロインである前に人間である感じがあんまりしない。男から見た男にとって都合の良い女性像だから当然そうなるのかもしれないが。


唯一の例外はドラゴンボールのブルマで、最初から無駄にエロい割に主人公とはなにも起きないまま無職の宇宙人と結婚して子供まで作る。まあ孫悟空があまりに浮世離れしていたので釣り合いをとるためにそういうキャラになったんだろう。ブルマの実家金持ちだしな。


いやどうなんだろうな。ジャンプ漫画にかぎらずヒロインがリアルな男性向けマンガってあるかな。細野不二彦かな。あれはあれでまたファンタジーかな。


しかし実際には女性が考えていることなんて俺たちは一生知らないほうが幸せなのかもしれない。


NANAとか読むと一ミリも共感できなくて震える。でもたぶんそれがリアルなんだろうなあ。

NANAを真面目に読まないとだめか