THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

自著が図書館で借りられて、それで本を読まれて傷つく著者なら本なんて書かなければいい

表示できません - Yahoo!ニュース


先日、とある行政機関に呼ばれて大勢の方の前でお話をする機会に恵まれたのですが、現地へ行き、担当の方と顔を合わせ、よろしくお願いしますと頭を下げたら付箋のいっぱいついた私の本を持っておられたのでお礼を言おうと思ってよくよく見ると、なんと図書館で借りた本!


 こんなことは初めてで、予期せぬ光景に私、思いもよらぬほど動揺してしまいました。顔を殴られたような感じがしたのです。必死に気持ちを立て直してなんとか元気にお話をして帰ってきましたが、どうにも心は沈んだまま。


 そう、私は傷ついていたのです。


 要は自分の本をタダで読まれたから傷ついたと。


 じゃああなたのYahooのこの記事はオレもタダで読んでるけど別にいいのかとか、思わなくもないが、本当にそれで傷つく人は売文業に向いてないと思う。


 図書館は全国に5000未満しかないし、開架図書はわずか22万冊。置いてもらえるだけ光栄だと思ったほうがいい。そもそもその一冊は図書館がお金を出して買ってるんだし。


 僕の本を一冊も読んでもないイベント主催業の人から「出版記念イベントやりましょう」と言われるよりはマシ。


 仮に全部の図書館が買ってくれるとしたら、なんと5000部もの売り上げ。オイシイでしょ著者としてはむしろ。


 そして図書館で出会って、「この人の本をずっと手元に置きたい」と思ったら同じ本だって買ってくれるんだからさ。複数冊本を書いていたら、「他の本も読んでみよう」と思ってくれるし、そうやって作家は固定ファンを増やしていくわけで。


 映画監督が「TSUTAYAにおれの映画がレンタルされてた。傷ついた」とか「テレビでおれのアニメが放送されてしまった。傷ついた」とか言ったら商売にならない。まあ放映料は入ってくるだろうけど。


 それで傷ついちゃうとかナイーブだなと思うわけです。

 あと、この人本当に本を書いてそれだけで生計立ててるのかな?

 出版社にもよるけど、一冊二冊の印税なんて誤差でしょ。1000円の本で100円。目の前の人がたった100円くれなかったからって傷つくの?


 僕なんか好きになったら同じ本何度も買ったりして、友達にあげたり自分の行く複数の場所に置いてあったりするから、図書館で読まれようがなんとも思わないどころか、買ってくれた図書館に感謝しかないんだけどなあ。


 最近は僕が本を出す度に、地元の図書館に購入申請だしてくれる同級生がいるんだけど、それだって彼は自分で自分のぶんは買っているわけで。彼は地元の子供達や地元の人達が少しでも僕の本に触れてくれればという思いやりでやってくれてると思うんだよね。


 僕はむしろ図書館で借りた本に付箋をいっぱい挟むほうがどうかしてると思うが(劣化するし、他の人も読むし)、これ、返却する時にぜんぶ付箋とるのかね