THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

シン・ゴジラ 名台詞ステッカー配布開始! 限定50万枚をゲットせよ

https://i.gyazo.com/b01309904cb1c3f3d3ec535f238bf912.png

 シン・ゴジラの大ヒットを記念した名台詞ステッカーの配布が昨日から開始された。



 ほんの少し前まで、映画館にゴジラを見に行くということは“attitude”――つまり姿勢、態度の表明――でもあった。




 敢えて「君の名は」ではなく「シン・ゴジラ」を選択するという大人の余裕。リア充の爆発。そうした視聴へのパッションを表現する方法が、これまでは熱っぽくブログを書いたり、高圧ポンプ車を購入したりすることでしか満たせなかった。




 しかし、高圧ポンプ車を持ち歩くわけには行かないので仕方なく、日々の生活や仕事の中で


 「好きにすれば?」


 「礼はいりません。仕事ですから」


 「はいはい。わかってますよ」


 「まずは君が落ち着け」


 「え、蒲田に?」


 「無人新幹線爆弾、効果あり!」


 などの名セリフを繰り出して周囲に密かなシン・ゴジラ好きをアピールするしかなかった。


 「君の名は」ではなく「シン・ゴジラ」を見に行くというのは、それだけでひとつの態度の表明であり、まあ両方見りゃいいんだけどおっさんが一人で「君の名は」を見に行くのはつらい。なんか泣く話らしいし。


 そんなわけで、我々は地下活動を繰り広げるレジスタンスのごとく、日々仲間を探してウロウロしていた。


 しかしそんなあなたももう心配ご無用。

 この「シン・ゴジラ」名台詞ステッカーがあれば、スマートフォンに、タブレットに、MacBookAirに、自動車に、もうありとあらゆるところにこのシールを貼り付け、思う存分自分の態度を表明できる。


 けっこうオフィシャルのステッカーって高価なので、1800円でステッカーを買うと考えると映画も見れて二倍お得。


 そして改めて(3週間ぶり7度目)シン・ゴジラを見るとその全編を通底する無駄の無さに驚く。

 とにかく無駄がないのだ。

 

 そして限定50万枚ということの意味を考えてみよう。


 シン・ゴジラの動員は420万人である。

 50万枚ということは、少なくともあと50万人の動員を意図しているということになる。


 このままのペースで行けば一ヶ月もしないでなくなってしまう可能性もある。

 さらに発生可能上映も各地でスタートし、全国に映画の新しい視聴スタイルを定着させつつある。


 そして50万枚配りきったあとは・・・・そう、名台詞シール第二弾である。


 シン・ゴジラほど名台詞に溢れた作品は珍しい。

 全てのシーンが名台詞のオンパレードである。



 個人的にステッカーにして欲しい名台詞を挙げておくと



 「はいはい、わかってますよ」


 「え、動くの?」

 「そりゃ、生き物だからな」


 「総理、苦しいところですがここはご決断を」


 「総理、撃ちますよ、いいですね」


 「まだ人がいる、攻撃の可否を問う」


 「自衛隊の火器を国民に向ける訳にはいかない」


 「ラーメンのびちゃったよぉ」


 「正直、部屋も服も少しニオイます」


 「志願させたのか?」

 「通常のローテでいきます。入隊したときから、みな覚悟はできています」


 「ここからは、personal service」


 「冗談ポイですよ尾頭さん」


 「ごめんなさい」


 「これを矢口プランとして、総理に提案していただきたい」


 「これより武器の無制限の使用を許可します」


 「弾着、今!」


 「第一建機小隊、前へ」


 「すごい、まるで進化だ」


 だめだ。書いてると脚本をぜんぶ書くくらいの勢いになってしまう。

 まあでもステッカー第二弾熱烈希望


 ということで、まだゲットしてない人は再び劇場へ、Go!