THE長文日記

長文とか短文とかのクレームは一切受け付けません

柿とハロウィン

https://i.gyazo.com/31a3516b312ddac80dcac7c7d8cf88ed.png


 授業のあとはいつも時間を持て余す。


 約束があっても7時過ぎ、授業が終わるのは5時過ぎ。

 この空白の二時間をどう埋めるかはちょっとしたパズルである。


 そんなとき、僕はついついいつも顔を出すバーに足が向いてしまう。

 

 コケティッシュな火鍋女もいいけれど、ゴールデン街の女王様もいいものだ。


 「糖質制限してるんだよねー」


 「あ、そうなんだ。柿、食べます?」


 「美味い・・・甘い・・・つうかこれ糖質・・・」


 なんの制限もできないまま時間が過ぎていく。

 だがそれもまたいい。


 果たして7時。

 相手は30分遅刻。まあいつものことだ。


 そしてぶらりと焼き鳥屋に行く。

 最後の二人席。ラッキーだった。


 会うのは久しぶりだ。

 特に話すこともないんだけど、顔が見たい、と呼び出した。

 いざ話してみると案外楽しい。


 好きな映画、最近みた映画。

 そんなつまんない話でも、なんか楽しい。不思議だ。


 おれは実のところ、そういうどうでもいい話がしたかったのかもしれない。

 なんか最近、酒飲んでも仕事の話ばかりで疲れてたのかもしれない。


 一時期に比べると、僕はそんなに忙しくない。

 暇でもないが、大忙し、という感じでもない。


 仕事でプログラムを書かなくなったプログラマーなんて、現役時代に比べれば、暇も同然なのだ。現役時代は酒なんか飲んでる暇はなかった。


 今日も朝から晩までアポが入っているけれども、逆に言うと、アポが入るくらい、暇なのである。


 それでも寝ても覚めても仕事のことばかり考えてる生活が、ときどき窮屈に感じることがある。

 不思議だよな。実際にはそれは自分で求めた生活なのに。


 仕事で忙しいのは、自業自得なのだ。

 だって自分で始めたことだから。仕事というのは、すべからく。


 そうして目がさめた。


 スケジュールをみる。

 当然のように、予定が二重三重に重なってる。

 イベントごとと、普通のアポと。



 今週はソニーCSLのオープンハウスか。

 今日はシンポジウム

no title

https://www.sonycsl.co.jp/OH2015/ja/


 当然、行けない。

 行きたかったけど。


 つかめっちゃCSL側で包丁事件起きてるし

https://i.gyazo.com/fb4058defe874b83018af210e87c825a.png

現地画像 10月13日 山手線 五反田駅の付近で通り魔事件発生か 「包丁で刺された」 - NAVER まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2144470627697085401?nd


 五反田に行く人はご用心

天才・異才が飛び出すソニーの不思議な研究所

天才・異才が飛び出すソニーの不思議な研究所